浴室リフォームをすれば掃除が劇的に楽になる

普段の生活を見つめる

ヘルメットを持つ人

希望を明確に伝える

静岡でのリフォーム計画において、インテリア雑誌や書籍、Webサイトを見たり、静岡にあるショールームやインテリアショップへ出向いて情報を収集することはとても有効なことです。集めた雑誌やカタログの切り抜きをリフォームイメージとしてスクラップしておくのもよいでしょう。しかし、視覚から得る情報の影響力は想像以上に大きいので、こうしたイメージ優先でリフォーム計画を進めていくと、知らないうちにディテールに固執してしまいます。そうすると、自分達に本当に必要なことを見落としてしまったり、家族の生活と合わない形となったり、無駄な所にお金をかけてしまうなど、失敗につながりやすいのです。リフォームの主役はその家の住み手です。カタログや雑誌に載っている事例は、異なる条件下の形と割り切ることも大事です。まずは自分と家族にとって、どのようなリフォームが必要なのかを考えることが重要です。それは、集めた情報を上手に取捨選択し、希望をまとめることにも役に立つはずです。リフォームの希望をあげる前に必ずすべきことは、自分達の静岡の生活がどんなものであるかを知ることです。何故なら、リフォームを頼む業者は静岡の赤の他人です。例えば、広いスペースを希望する場合、ただ広くと伝えるのと、自分達のライフスタイルを理解してもらってから広さを伝えるのとでは、出来上がる空間の居心地や使い勝手が違うはずです。リフォーム成功のポイントは、自分達の希望を明確に設計者に伝えることができるかどうかです。そのためには家族構成や1日のタイムスケジュール、食事のスタイルや様子といった、些細な内容も把握することが大切です。